21 thoughts on “2022 Motorsport participation system announcement”

  1. 新体制おめでとうございます!電動化やカーボンニュートラルの技術チャレンジにも注目ですね期待が高まります!

    Reply
  2. EVまじでクソだからホンダだけでもいいからやめて欲しい
    これからもエンジン屋であり続けて欲しい
    あとf1復帰とラリー関係への活発な参戦もして欲しい

    Reply
  3. ホンダは拠点が埼玉に集中してる。子会社も含め。このCASEの波を乗り越えたあとの2030年以降とかでもいいから、本社を埼玉に移してほしい。今の本社は本田宗一郎も設計に関わってるし重要な拠点なのは分かってるが、手狭になってきてる。これから宇宙航空、ロボットなど様々な分野を強化していくならなおさら。
    埼玉に、スターク・インダストリーズのような、あるいはApple Parkのような、広大な敷地に魅力的な新本社を構えてほしい。子供たちがワクワクするようなかっこいい本社を。

    Reply
  4. ワークストップチーム選手となった、カイノスケとおおくらちゃん頑張って!
    応援してます!

    Reply
  5. 時間かかってもいいんでf1復帰して欲しいです! ファンはいつまでも いつでも待ってます‼️

    Reply
  6. f1というスポーツ活動とカーボンニュートラルを関連させる八郷と三部には納得いきませんがホンダとして頑張ってください‼️

    Reply
  7. カーボンニュートラルが〜って言うのはもちろん分かる。そのを否定するつもりは一切ないがではなぜF1を「撤退」という結論に至ったのかものすごく謎である。カーボンニュートラルにこだわるのであればmotoGPなども撤退していないと1ファンとしては納得出来ない

    Reply
  8. モータースポーツを売りにするには一般人が手を出せる販売車にスポーツ性がなさすぎる。あ、CBRくらいですかね。

    Reply

Leave a Comment